1. TOP
  2. 体験談
  3. 【後編】現役チャットレディが語る!チャットレディのメリット・デメリットとは?

【後編】現役チャットレディが語る!チャットレディのメリット・デメリットとは?

 2022/08/16 体験談
この記事は約 10 分で読めます。

 

※この記事は、前編をご覧になっていただいてからお読みいただくことをお勧めいたします。

 

前編では、現役チャットレディ・チャットトレーナーである大和あずき(仮名)さんに、チャットレディのデメリットを熱く語っていただきました。

その熱さのあまり、1記事にメリットを書く余地がなかったほどでしたね。

さて、後編の今回は、チャットレディのメリットの方も同様に熱く語っていただきたいと思います。

チャットレディのメリット

長岡「それでは、続いてチャットレディのメリットについても教えていただきたいです。」

あずきさん「はい。デメリットがあればメリットも当然あるのが仕事の基本です。」

あずきさん「チャットレディとして実際に働いてみて感じたメリットを紹介したいと思います。」

  1. 都合の良い曜日・時間帯で働ける
  2. 男性と直接会わないので安心
  3. 頑張れば頑張るほど高収入(高時給)に近づく
  4. 容姿や年齢に関係なく働ける
  5. 自宅で仕事ができる

あずきさん「各項目について詳細な説明をします。」

あずきさん「その上で、デメリットと比較して、チャットレディとして働くのが向いているのかどうか、判断してほしいですね。」

長岡「そうですね、ではお願いします。」

 

前編でも最後に書いた気がしますが、デメリットだけでチャットレディへの興味を失わず、この後編のメリットとちゃんと比較をしてみてほしいです。

あなたの中で、メリットの方が上回ることを願っています。

 

都合の良い曜日・時間帯で働ける

あずきさん「これは、チャットレディの求人情報にもよく記載されていることです。」

あずきさん「チャットレディならではのメリットで、勤務曜日・時間帯を自由に決められます。」

あずきさん「特に、本業があって『一般のアルバイトは土日しか入れない…』という方であっても、集中して稼ぎたい方は土日祝日で8時間以上働けます。」

長岡「これは確かにいいですね。隙間時間を上手に副業にあてられるってことですよね。」

あずきさん「そういうことです。副業で稼ぎたい方にピッタリのお仕事です!」

あずきさん「チャットレディとして働き始めた最初の2年くらいは、私も副業としてやっていました。」

あずきさん「先ほども言った通り、その本業もアルバイトではあったんですけど…。」

長岡「アルバイトでも、シフト固定だったりすると他の副業が難しかったりしますもんね。」

あずきさん「そうなんです。週末はしっかり休みたかったので、平日は本業のあと3時間だけ副業をすることが多かったです。」

あずきさん「以前、駅近くで運営されているチャットルームに通っていた時は、終電ギリギリまで仕事ができて便利でした。」

 

ライブチャットを利用したことのある男性の中には、チャットレディのみなさんが全員ご自宅から配信されていると思っていた方も少なくないのでは?

僕はそう思っていました。

チャットレディにも事務所があったり、チャットルームがあったりするんですよね。

そういう設備の整ったところから配信されているとは想像もしないから、恋愛対象として見てしまう男性がいるのかも…。

「恋愛対象として見てくる男性会員に困った」というお話は前編に記載しておりますので、ぜひご一読ください。

 

男性と直接会わないので安心

あずきさん「チャットレディのデメリットとして精神的ストレスが挙げられますが、男性と直接会って接客する夜職よりは精神的に楽です。」

長岡「それでも、デメリットを教えていただいたときは精神的ストレスが一番熱量こもってましたよね(笑)。」

あずきさん「そうですね(笑)。接客業なのでどうしてもね…(笑)。」

あずきさん「画面越しに暴言を吐かれることもありますが、暴言を吐いてくるような男性や態度の悪い男性と対面で顔を合わせるよりは安心です。」

長岡「精神的ストレスは避けられないですけど、その点では安心できるというのは大きいですね。」

あずきさん「そうです。あと、チャットレディはお酒を飲まなくてもいいので、体への負担も少ないです。」

あずきさん「当然、男性へのお酒の提供もしていないですし、男性が画面越しにお酒を飲んでいたとしても、酔って触ってくるということも不可能です。」

 

これもなかなかなメリットですよね。

あずきさんのおっしゃる通り、精神的ストレスを被るのは仕方がないとしても、男性がいるのは画面の向こう側なので安心感があります。

それに加えて、自宅からでなくチャットルームからの配信であれば、「些細なミスから自宅を特定される」なんていうリスクもなく安心です。

 

頑張れば頑張るほど高収入(高時給)に近づく

あずきさん「チャットレディの報酬はコミッション制(歩合制)なので、チャットする男性会員が多ければ多いほど報酬が増えます。」

あずきさん「男性会員をリピーターにさせたり、新しい男性会員をチャットに誘ったりすれば報酬はどんどん増えていくので、短期間で高収入を得ることも夢ではありません。」

長岡「いいですね。夢があります。」

あずきさん「はい。月収が安定しないというデメリットでもありますが、裏を返せば、毎月高収入を得るチャンスがあるとも言えますよね。」

長岡「たしかにそうですね。でも毎月高収入を得られるほど人気になるまで大変そうな気がします。」

あずきさん「そうなんです。もちろん、コンピューターの画面の前に座ってただ雑談をしているだけでは、大金を稼ぐことはできません。」

あずきさん「男性会員におしゃべりを楽しんでもらうためには、チャットレディとしての接客が必要です。」

あずきさん「見た目はもちろん、会話のスキルを向上させることも非常に重要です。」

長岡「チャットレディの方はマイクで、男性会員は文字でのチャットだと、会話にラグが出たりして結構大変そうだなって思ってました。」

あずきさん「そうなんです。そこもスキル次第ですね。」

あずきさんチャットレディとして高収入を得るためにがんばると、結果として実生活でも役に立つことが多いと思います。

あずきさん「スキルを磨いて、ぜひチャットレディとして高収入を目指してほしいですね。」

 

たしかに、見た目を男性好みに寄せる努力だったり、コミュニケーションのスキルをアップさせたりする努力って、実生活にかなり役立ちますよね。

お金も得られて実生活もうまくいく、かもしれない。努力次第で夢が広がる仕事であることがわかってきましたね。

しかも直接男性と対面するリスクも無いわけですから、僕もチャットレディやりたくなってきました。

僕はコミュニケーション能力に難ありなので無理でした。ごめんなさい。

 

容姿や年齢に関係なく働ける

あずきさん「チャットレディは、20代から50代まで、幅広い年齢層の女性が働いています。」

あずきさん「すこし話はそれますが、男性には10種類のタイプがあります。」

長岡「かなりそれましたね。」

あずきさん「(笑)。細かく説明はしませんが、要するに、若い女性が好きな人もいれば、年上で成熟した女性が好きな人もいます。」

長岡「その他にも趣味嗜好が分かれていて、大まかに分類すると『男性には10種類のタイプがある』ということになるんですね?」

あずきさん「そういうことです。昨今、熟女専門サイト人妻専門サイトなど、ニッチなジャンルのチャットサイトが存在します。」

あずきさん「『チャットレディの仕事に興味はあるけど、年齢的に断られるかもしれない』と悩んでいる方もいらっしゃると思います。」

長岡「実際、若い女性が好みの男性が多い傾向にあるように思います。」

あずきさん「ですよね。でも実際は、私が勤めていた事務所では20代女性よりも40代女性の方が多かったんです。」

長岡「なんと。それは意外です。」

あずきさん「私も初めは驚きました。」

あずきさん「それと、容姿はあまり気にしなくてもいいです。清潔で身だしなみが整っていれば、チャットレディとして合格できます。」

あずきさん外見に自信のない女性でも、メイク技術やカメラ映りの知識などを勉強して身につければ、しっかり収入を得ることができます。

 

あずきさん、男性の10種類のタイプについて全然詳しく教えてくれませんでしたが、僕が自分の中で消化しました。

しかし、事務所内に20代女性よりも40代女性の方が多かったというのは意外ではないですか?

初見の男性会員を捕まえるにはそれこそ容姿が重要なものかと思っていましたが、リピーターになってもらうには容姿はあまり関係ないのかもしれませんね。

メリット、強くなってまいりました。

 

自宅で仕事ができる

あずきさん「在宅でもチャットレディとして活躍できます。」

長岡「『在宅でも』というより、僕はみなさん在宅で配信されているものとばかり思っていました。」

あずきさん「そう思っている男性会員は多いかもしれませんね。」

あずきさん「とはいえ、最初から家でチャットレディを始めるには、デメリットもいくつかあります。」

長岡「今までのお話を聞いていると、なんとなく想像はつきますね。」

あずきさん「さすがです(笑)。チャットレディのスキルやノウハウが無いままサイトに登録して働き始めても、他のチャットレディに埋もれてしまって、収入に繋がらないケースが多いんです。」

長岡「やっぱりそういうことですよね。」

あずきさん「はい。おすすめの方法としては、まずは大手チャットレディ事務所に入所してしばらく通勤することですね。」

あずきさん「スタッフからチャットレディのノウハウを学びながら働くんです。」

あずきさん「しばらく続けて、チャットワークに慣れて、収入を得るコツをつかめるようになったら、事務所に相談して在宅勤務をすることをお勧めします。」

あずきさんノウハウやコツさえ学んでしまえば、自宅でくつろぎながらチャットレディとして働くことができます。

 

在宅チャットレディになれるまでには段階を踏む必要があるんですね。

この点に関しては、僕もあずきさんに全面的に賛成ですね。

右も左も分からない状態から手探りで始めるよりも、それこそ、あずきさんのようなチャットトレーナーに学んでからの方が圧倒的に効率がいいですよね。

自宅でくつろぎながらお金を稼ぐなんてまさに夢ですが、そこに至るまでにはやはり努力と我慢が必要になるようです。

 

デメリットのある仕事はチャットレディだけではない

あずきさん「今回はチャットレディのデメリットとメリットを紹介しました。」

長岡「ありがとうございます。」

あずきさん「いえいえ。再三言っているように、どんな仕事をしていてもデメリットは必ずあります。」

あずきさん「でも、チャットレディのお仕事のデメリットを知っていれば、自分で対策をすることでカバーできることも多いので、事前に対策をしておくと安心して働くことができますよね。」

長岡「そうですね。準備・対策が大事ですね。」

あずきさん「はい。サポート体制がしっかりしている事務所に所属していれば、仕事で困ったことがあった時に対応してもらえるので、まずは事務所から始めるのがおすすめです。」

 

デメリットのある仕事はチャットレディだけではない。

当然というか、むしろデメリットは少ない方なんじゃないでしょうか。

とにかくまずは事務所に所属しなさい。あずきさん曰く。ですね。

 

まとめ

前編・後編にわたり、現役チャットレディかつチャットトレーナーであるあずきさんによる、チャットレディのメリット・デメリットをご紹介してきました。

チャットレディに興味をお持ちの女性にとって必見の内容となっていればいいなあと思っている長岡です。

年齢も容姿も気にせず働けるというのは大きいですよね。

それに事務所のサポート、チャットトレーナーのサポートがあれば、やる気さえあれば本当にどんな女性でもある程度は稼げるようになるのではないでしょうか。

デメリットを許容できればの前提ではありますが。

 

ぜひ、前編・後編を通して、チャットレディのメリットとデメリットを比較したうえで、挑戦するかどうか判断してみてほしいです。

また、既にチャットレディのご経験がある女性は、お問い合わせより、チャットレディあるあるや、他にもこんなメリット・デメリットがあるよ!などなど、ご意見お待ちしております。

\ SNSでシェアしよう! /

高収入体験日記の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

高収入体験日記の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【前編】オタ活のために風俗に転職してみた体験談

  • 高収入で稼げる風俗を渡り歩いてみた体験談④

  • 【最終編】風俗エステってなに?仕事内容は?稼げるの?な体験談

  • 【前編】チャットレディ初心者から月40万円稼げるようになった体験談

  • 【後編】風俗エステってなに?仕事内容は?稼げるの?な体験談

  • 【後編】大学生が1回のパパ活で30万円以上稼いだ体験談